残業代請求ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

従業員 > 未払い給与

支払能力に不安がある場合、裁判をするかしないかで悩んでいます

2年前会社を退社したのですが、未払いの賃金が残っていて、そろそろ時効成立で請求ができなくなるので支払い督促状を裁判所に送りました。
その後前の会社の社長から払えないと異議がでており、訴訟になりそうです。
しかし訴訟になったとしたら弁護士費用などお金と時間をかけなければなりません。
また、裁判に勝ったとしても相手が支払い能力が無い場合どうなるのでしょうか?調べたところ、会社が倒産寸前で、あちこちから差し押さえが入っている状況で、現社員にも賃金が支払われていないことが分かりました。
裁判をしたくないのなら、督促状を取り下げるべきですか?もうこの会社から未払いの賃金を払ってもらう事は不可能なのでしょうか?なにかいい方法があれば教えて下さい。

  • さんよう司法オフィス
    岩本 美智雄

    先取特権を行使されることも含めて、総合的な検討をされてください。

    支払督促をされたとのことすね。
    相手方から異議がだされ訴訟に移行したとしても、さほどの時間、費用はかからず債務名義が取得できるケースは多いと思います。
    会社の存続が不明確ですから、判決等の債務名義を取得されておくことが賢明です。
    いよいよ会社が破産手続きに入った場合は、その破産手続きのなかで権利行使できます。
    未払い賃金には先取特権がありますから、優先的な配当が得られますが、そのような法律関係があるだけで、期待したほどの額は得られない場合も多々あります。
    そのような状況を踏まえて、対策を検討されてください。

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

あおば司法書士事務所
【初回相談料0円&着手金0円&24時まで対応&年中無休&分割払いOK】サラリーマン経験が豊富な私だからこそできる対応があります!

あおば司法書士事務所

一括相談リスト