残業代請求ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

業務委託 > 契約破棄

勝手に義務委託契約解除されたのに、損害賠償請求をされた。

ある企業と業務委託契約していました。
その企業の経営者と、仕事の考え方の相違から、口論になってしまいました。
口論となった日の晩に、「少し頭を冷やす意味も込めて、2日間自宅謹慎を」との連絡があり、仕方がないので職場には行きませんでした。
その口論の4日後に、話し合いをしたいと言われ、経営者と会ったのですが、その場で、もう仕事に来てもらったら困るので来なくてよいと言われました。
そして、その10日後位に、企業の代理弁護士から契約解除の通知が届きました。
その後、嫌がらせなのか、代理弁護士から、逸失利益金、財産的損害金、非財産的損害金等の名目で請求通知が送られて来ました。
私から契約解除を申し出た訳でもないのに、私はこのような理不尽な請求に支払う義務があるのでしょうか?
どう対処すれば良いのか教えて下さい。

  • 士道法律事務所
    飯島 充士

    どういう契約で、何があって、相手方からどのように主張されたかによります

    どういう契約を締結していたのか、契約書ではどのような場合に解除できるとなっていたのか、その契約に関してその企業との間で具体的に何があったのか、弁護士からの通知には具体的に何と書いてあったのか等々の事情がわかりませんと、支払い義務の有無に関して回答することはできません。ご自身で何かされるのであれば、現状できることは、弁護士からの通知に対する反論でしょうか。「こういうことがあった、そのためにこういう損害が生じた、だから○○円支払え。」といった文面になっているはずですから、事実と異なる部分があれば、それに対する反論を書いて送ればよろしいかと。反論を送るのであれば、内容証明・配達証明で行うことが望ましいです。ただ、法律的な主張には法律的に反論しないと話が噛み合わず無駄なやり取りを重ねるだけともなりかねませんので、契約書その他資料を持参して、法律事務所に相談に行くのがベストかと思います。

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

弁護士法人栗田勇法律事務所
【初回相談料0円】当事務所の理念は『より迅速に、より的確に、より身近に』です。【本人訴訟支援も有り】

弁護士法人栗田勇法律事務所

あおば司法書士事務所
【初回相談料0円&着手金0円&24時まで対応&年中無休&分割払いOK】サラリーマン経験が豊富な私だからこそできる対応があります!

あおば司法書士事務所

一括相談リスト